クレジットカード現金化業者の悪徳業者に注意

クレジットカード現金化を運営している業者はいつでも安心して利用することができる業者とは限りません。場合によっては悪質な業者もいますので、注意して利用しなければ痛い目にあったり、お金を手にするどころか借金を増やすことにもつながりかねません。
■クレジットカード現金化業者悪徳業者の手口
クレジットカード現金化業者の中には悪質なことをする、悪徳な業者も存在しています。信じられないようなことをしてくるのですが、ただ現金が手に入らなかっただけでは済まないこともあるのです。例えば利用者に数十万円の決済をさせたのに、現金を振り込まないような詐欺まがいのことをする悪質な業者もいます。利用者は自分が他社に正々堂々と言えるようなことをしていませんから泣き寝入りしてしまいます。警察にも本当ならば言いたいと思っているのですが、言えませんし、クレジットカード会社にも言いたいと思っていても言えないのです。泣き寝入りするしかないという状況に追い込まれることを知っているのかもしれません。
■ホームページの記載内容と全く違っている
悪質な業者のホームページを見てみるととても良心的なことが書かれていますし、手数料も一般的な相場に近い形で記載されているのにも関わらず、実際に利用してみると全く記載内容とかけ離れているような手数料の要求があったり、それを万が一拒否した場合にはキャンセル料がかかると言い出すこともあります。
■安心して利用できる業者を探すこと
悪質な業者に引っかからないためには、安心して利用することができる業者を探すことが大事です。安心できる業者を見つけるためには、口コミを見る、自分で問合せをしてみてその時の反応を見て、ちゃんと対応してくれているのかどうか確認した上で利用するということが大事でしょう。悪質な業者を利用しないようにするためには自分で自分の身を守るしか方法がないのです。闇金や街金以上に高い法外な額を請求することもあるので気をつけましょう。

クレジットカード現金化の手数料について

「急にお金が必要になった」、みなさんの中にもそんな経験がある人が多いのではないでしょうか?
そんな時に便利なのが、クレジットカード現金化です。
クレジットカード現金化のサービスを利用すれれば、必要な額を振り込んでもらえます。
しかしクレジットカード現金化を利用する場合、手数料にも注意する必要があります。
■決済手数料について
クレジットカード現金化を利用することで、換金率に対応したお金を手にすることができます。
しかし実際に振り込まれるのは、手数料を差し引いた額になります。
ショッピング枠現金化のシステムには、決済手数料がかかります。
そのため現金化サービスでは、まず決済手数料が差し引かれます。
この場合、業者によって計算方法が異なる場合がありますので注意が必要です。
決済手数料を差し引いた換金率で計算する業者、換金率から決済手数料を差し引く業者など様々です。
そのため業者によっては、利用者が実際に受け取る額も変わってきます。
このように現金化の業者に関係なく、決済の手数料が発生しますので頭に入れておいてください。
■配送料金について
ショッピング枠現金化の手数料としては、配送料金も挙げられます。
ショッピング枠現金化は、キャッシュバック特典付きの商品を購入することで現金化できます。
実際に現金化する場合、該当商品を業者まで送る必要があります。
この時に配送料金が発生します。
配送料金については、業者が負担する場合、利用者が負担する場合と、それぞれ分かれています。
利用者が負担する場合、その分の料金も引かれますので確認しておくといいでしょう。
このように配送料金も、手数料として頭の中に入れておいてください。
購入した商品の規模によって配送料金は変わってきます。
■手数料を確認してください
お金が必要な時にとても便利なショッピング枠現金化ですが、利用する時は手数料にも注意してください。
手数料としては、決済にかかる手数料、配送料金などがあります。
そしてこの手数料分を差し引いた額が、実際に振り込まれることになります。

現実を見つめる必要性

クレジットカード現金化は日々注目され続け、その反面で警鐘を鳴らしている専門家も多くいます。多重債務になる可能性が非常に高い貸し入れ方法の一つとして、クレジットカード現金化が注目集めています。
■多重債務と背中合わせの現金化
クレジットカード現金化を計画的に利用している場合は問題はないと言えますが、運営会社の赤字補填のために利用する場合や借金返済のためなどで利用している場合は非常に危険だと言えます。
法律の観点から見た場合、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、もっとも違法に近いグレーゾーンになりつつあると言っても過言ではありません。クレジットの現金化はクレジットカードを発行しているクレジット会社全社が禁止している行為だということ忘れてはいけません。
行政の監視下にある金融関係の会社は、貸し入れさせることの出来る金額が決められています。借りる人間の経済状況や貸し入れ状況を見て、返済能力があるかを判断します。
この情報については常に最新の情報にされ、国が指定している金融会社全社で共有され更新されています。利用規約に違反した行為がバレた場合、他のカード会社の利用も制限されたりする可能性があることを覚えておく必要があります。
■手軽さだけにとらわれてはいけない
クレジットカード現金化が出来る業者のホームページには、常に高い還元率が表示されています。それに加えてスマホだけ完結できる手軽さや、24時間対応しているということを全面に押し出しています。
口コミなどでは判断しきれない場合が多いですが、転売目的や現金化目的でクレジットカードを利用することは非常に危険だと言えます。居酒屋でお酒を頼むように、クレジットカードを使うことも一般的になりました。
しかしクレジットカードを使うということは、クレジット会社に借金をしているということを忘れてはいけません。またクレジットカード現金化によるトラブルを弁護士の所に相談しにいく人も増え始めています。何かが起きる前に計画的に物事を捉えて、対処していくようにする必要があります。

クレジットカード現金化は違法ではない

違法な行為をしているように言われているのもクレジットカード現金化ですが、現時点ではそんなことはありません。ただいくつかの点に関してはグレーゾーンと言われており、仮に何らかの問題が起きた場合、法改正が行うようなことがあれば違法行為になり得ます。ただしいまのところ問題なく利用できるお金の工面方法です。
■クレジットカード現金化の運営会社は貸金業者ではない
貸金業者ではないのがクレジットカード現金化を行っている運営会社です。あくまでも商品の買取やキャッシュバックを行っているだけであり、その存在としては古物商に当て嵌まります。よって貸金業者ではありません。よく許可を取っていることを業者側が主張していることもありますが、あくまでも古物商になります。クレジットカード現金化をする職種は現時点ではありませんので、その点は勘違いしないようにしましょう。
■出資法違反と言われているが判断が分かれる
実際出資法で検挙された運営会社もあります。この出資法というのは、広範囲に適用され、検挙された理由としては貸金業者と見做された、金利に換算すると貸金業法にも抵触するなどあげられています。ただ見せしめに検挙されたと判断する法律家も多いです。ただ検挙された業者があることは気になる点であり、これが社会問題化すると法律が改正される可能性もあり、クレジットカード現金化に及ぶことも考えられるでしょう。
■利用者に関して抵触する可能性
利用者は法に触れることはありませんが、少し注意しなければならないことも。カード会社も現金化の利用を禁止していることから、利用規約違反で利用停止になることも。完済されていないショッピングは、その商品の保有者は発行元にあると主張する業者の言い分です。
■グレーゾーンと言えるが利用ができる
確かにあやふやな点になりますが、現時点では問題なく利用できますので、クレジットカード発行元の利用停止に気を付けて現金化を行うようにしてください。

Amazon商品券でクレジットカード現金化してみよう

あなたは、普段Amazonを利用してことがありますか。大手のネット通販のサイトで誰でも1度はホームページを見たり、利用したこともあるのでしょう。
Amazonもますますこれからも会員も増えたり、利用も増えていくでしょう。
そんなAmazonもあらたな利用のやり方があると知っていましたか。
■クレジットカード現金化で使える
Amazonには、Amazon商品券(ギフト券)があります。Amazon商品券を使って買い物をしたり、またプレゼントすることも可能です。
ネットでも購入できるので、忙しい合間でも利用できたりと便利です。
このAmazon商品券が、クレジットカード現金化でも使えるというのです。
クレジットカード現金化では、業者を使った方法の他にも、クレジットカードの転売があります。
業者を使った方が転売をする手間や転売をするものの在庫管理などもしなくてもすむので、メリットも大きいです。
その一方で転売を利用して利益をあげれる人も多いでしょう。
それを踏まえて、転売も利用してみるのもいいでしょう。
■Amazon商品券のクレジットカード現金化の仕方とは
そもそもAmazon商品券はクレジットカードで購入することが可能です。また、Amazonのホームページから買い物ができるので、安心してください。
なお、購入したあとは今度はAmazon商品券の買取サイトにて買い取ってもらうといいのです。そのあとは、クレジットカード現金化のようにあなたの口座へとお金が振り込まれるので、口座もあらかじめ用意しておきましょう。
あらかじめ、Amazon商品券の買取サイトも調べておくと、スムーズ進められるでしょう。
■実はAmazon商品券は向いている
クレジットカード現金化において、実は転売目的での利用は禁止されています。規約違反となると、クレジットカードの利用停止もあります。
しかし、Amazon商品券だと、プレゼント用にたくさん購入しても転売目的と怪しまれることもありません。プレゼント用と言えばいいので向いているのです。
ぜひ、Amazon商品券を利用して、クレジットカード現金化をしてみてはどうでしょうか。