クレジットカード現金化は日々注目され続け、その反面で警鐘を鳴らしている専門家も多くいます。多重債務になる可能性が非常に高い貸し入れ方法の一つとして、クレジットカード現金化が注目集めています。
■多重債務と背中合わせの現金化
クレジットカード現金化を計画的に利用している場合は問題はないと言えますが、運営会社の赤字補填のために利用する場合や借金返済のためなどで利用している場合は非常に危険だと言えます。
法律の観点から見た場合、クレジットカード現金化は違法ではありませんが、もっとも違法に近いグレーゾーンになりつつあると言っても過言ではありません。クレジットの現金化はクレジットカードを発行しているクレジット会社全社が禁止している行為だということ忘れてはいけません。
行政の監視下にある金融関係の会社は、貸し入れさせることの出来る金額が決められています。借りる人間の経済状況や貸し入れ状況を見て、返済能力があるかを判断します。
この情報については常に最新の情報にされ、国が指定している金融会社全社で共有され更新されています。利用規約に違反した行為がバレた場合、他のカード会社の利用も制限されたりする可能性があることを覚えておく必要があります。
■手軽さだけにとらわれてはいけない
クレジットカード現金化が出来る業者のホームページには、常に高い還元率が表示されています。それに加えてスマホだけ完結できる手軽さや、24時間対応しているということを全面に押し出しています。
口コミなどでは判断しきれない場合が多いですが、転売目的や現金化目的でクレジットカードを利用することは非常に危険だと言えます。居酒屋でお酒を頼むように、クレジットカードを使うことも一般的になりました。
しかしクレジットカードを使うということは、クレジット会社に借金をしているということを忘れてはいけません。またクレジットカード現金化によるトラブルを弁護士の所に相談しにいく人も増え始めています。何かが起きる前に計画的に物事を捉えて、対処していくようにする必要があります。

関連記事