違法な行為をしているように言われているのもクレジットカード現金化ですが、現時点ではそんなことはありません。ただいくつかの点に関してはグレーゾーンと言われており、仮に何らかの問題が起きた場合、法改正が行うようなことがあれば違法行為になり得ます。ただしいまのところ問題なく利用できるお金の工面方法です。
■クレジットカード現金化の運営会社は貸金業者ではない
貸金業者ではないのがクレジットカード現金化を行っている運営会社です。あくまでも商品の買取やキャッシュバックを行っているだけであり、その存在としては古物商に当て嵌まります。よって貸金業者ではありません。よく許可を取っていることを業者側が主張していることもありますが、あくまでも古物商になります。クレジットカード現金化をする職種は現時点ではありませんので、その点は勘違いしないようにしましょう。
■出資法違反と言われているが判断が分かれる
実際出資法で検挙された運営会社もあります。この出資法というのは、広範囲に適用され、検挙された理由としては貸金業者と見做された、金利に換算すると貸金業法にも抵触するなどあげられています。ただ見せしめに検挙されたと判断する法律家も多いです。ただ検挙された業者があることは気になる点であり、これが社会問題化すると法律が改正される可能性もあり、クレジットカード現金化に及ぶことも考えられるでしょう。
■利用者に関して抵触する可能性
利用者は法に触れることはありませんが、少し注意しなければならないことも。カード会社も現金化の利用を禁止していることから、利用規約違反で利用停止になることも。完済されていないショッピングは、その商品の保有者は発行元にあると主張する業者の言い分です。
■グレーゾーンと言えるが利用ができる
確かにあやふやな点になりますが、現時点では問題なく利用できますので、クレジットカード発行元の利用停止に気を付けて現金化を行うようにしてください。

関連記事