「急にお金が必要になった」、みなさんの中にもそんな経験がある人が多いのではないでしょうか?
そんな時に便利なのが、クレジットカード現金化です。
クレジットカード現金化のサービスを利用すれれば、必要な額を振り込んでもらえます。
しかしクレジットカード現金化を利用する場合、手数料にも注意する必要があります。
■決済手数料について
クレジットカード現金化を利用することで、換金率に対応したお金を手にすることができます。
しかし実際に振り込まれるのは、手数料を差し引いた額になります。
ショッピング枠現金化のシステムには、決済手数料がかかります。
そのため現金化サービスでは、まず決済手数料が差し引かれます。
この場合、業者によって計算方法が異なる場合がありますので注意が必要です。
決済手数料を差し引いた換金率で計算する業者、換金率から決済手数料を差し引く業者など様々です。
そのため業者によっては、利用者が実際に受け取る額も変わってきます。
このように現金化の業者に関係なく、決済の手数料が発生しますので頭に入れておいてください。
■配送料金について
ショッピング枠現金化の手数料としては、配送料金も挙げられます。
ショッピング枠現金化は、キャッシュバック特典付きの商品を購入することで現金化できます。
実際に現金化する場合、該当商品を業者まで送る必要があります。
この時に配送料金が発生します。
配送料金については、業者が負担する場合、利用者が負担する場合と、それぞれ分かれています。
利用者が負担する場合、その分の料金も引かれますので確認しておくといいでしょう。
このように配送料金も、手数料として頭の中に入れておいてください。
購入した商品の規模によって配送料金は変わってきます。
■手数料を確認してください
お金が必要な時にとても便利なショッピング枠現金化ですが、利用する時は手数料にも注意してください。
手数料としては、決済にかかる手数料、配送料金などがあります。
そしてこの手数料分を差し引いた額が、実際に振り込まれることになります。

関連記事